傷んだ髪は修復できる?知らないと危険な髪を傷める3つの原因とは?

傷んだ髪は修復できる?

女の子にとって髪の毛は命と言っても過言ではないですよね。

オシャレするためにパーマやカラーリングを繰り返して
気づけば傷んだ髪になっている・・・。
そんな方も多いかと思います。

今回は髪が傷む原因と誰でも簡単にできる対策をご紹介します。

髪が傷む原因って?

髪が傷む原因は大きく3つ。

生活する上で必要なこともありますが、
髪へのダメージを最小限に抑えることはできます。
まずは原因を知り対策を行ってから、しっかりとケアするようにしましょう。

①シャンプーによるダメージ


出典元:https://me-gami.com
結構これは知られてないんじゃないでしょうか?

まずはシャンプーによるダメージです。
普段の入浴でも洗い方によっては自分の髪にダメージ与えてしまってるんですよね。

強くゴシゴシこするだけではかえってダメージを与えることになるので、
美容院に行った時に洗ってもらうのを思い出しながら
泡だてたシャンプーを地肌に揉み込むようにして洗うのがポイントです。

②自然乾燥によるダメージ


出典元:https://tokohana-salon.com
私も昔やってしまってたんですが・・・。
2つ目の原因は入浴後の自然乾燥です。

「どうせ乾くから・・・。」と放置した状態だと、
髪にダメージを与え続けてるんですよね。
濡れた状態で放置すると髪に必要な水分やタンパク質が
どんどん失われてしまうので要注意です。

そのまま寝るなんて持ってのほか。
寝具との摩耗でさらにダメージを与えることに。

入浴後はしっかりと乾かすことが大切です。

ドライヤーの熱によるダメージ


出典元:https://onjust.co.jp
自然乾燥もドライヤーも髪が傷むの?という疑問を持ちませんでしたか?

髪はもともと熱に弱い性質なのでドライヤーでも
少なからず髪を傷める原因になってるんです。

ですが自然乾燥と比べると圧倒的にダメージは
減らすことができるので髪はドライヤーで乾かしましょう。

乾かす上でのポイントはこの3つ!

  • ⑴髪とドライヤーの距離は20センチほどに
  • ⑵根元を中心に乾かす(乾きが早くなる)
  • ⑶なるべく短時間で乾かす

この3つのポイントを意識して髪を乾かすよう心がけてくださいね!

傷んだ髪は修復できるの?


出典元:https://hige-beauty-health.hatenablog.com
結論から言うと傷んだ髪は元には戻りません

髪へのダメージを抑えてしっかりとケアすることが
潤いのある髪をキープするためにできることなんです。

普段からトリートメントをしっかり行いケアすることも忘れずに。
思い切って傷んだ髪を切ってしまうのも1つの手かもしれませんね。