知らずにつけると逆効果?今更聞けない香水の正しい使い方ポイント5つ

皆さんも街でよく見かけませんか?

ほんのり香る香水美人。

今回は香水を使ったことがないあなたでも
今日から使える香水の正しいつけ方のポイントを5つをご紹介します。

知らずに使うと匂いが強い人と勘違いされてしまうので
必ず香水のことを知ってから使うようにしましょう。

香水をつけるときのポイント5つ


出典元:https://make-book.jp/

①つけすぎない

香水の匂いは自分が思っている以上に、周りの人に香ります。
ポイントはすれ違った時にほんのり香る程度です。

つける量は香水にもよりますがスプレータイプであれば、1プッシュから2プッシュまでにしましょう。

②つけるタイミング

2つ目はつけるタイミングです。
タイミングを間違えると匂いすぎてしまい「匂いがきつい」と思われるかもしれません。

匂いが肌に馴染むのには30分かかると言われています。
この30分を目安に、人と会う前や出かける前につけるようにしましょう。

出先が密室なのであれば、匂いがこもってしまう可能性があるので
1時間程前につけることをおすすめします。

③つける場所


出典元:https://www.lanilanihawaii.com
続いて香水をつける場所です。

ほんのり香らせるには

  • 手首の内側
  • ウエスト
  • 足首

上記3点がおすすめです。
出かける場所によってつける箇所を選べるようにしましょう。

たくさんの女性が間違えがちなのが手首にこすりつけること
これ、実はNGなんですよね。

擦り付けてしまうと匂いの効果が薄れてしまうのでしっかりと覚えておきましょう。

④つけてはいけない場所

意外と知られていない香水をつけてはいけない場所。

まず1つ目は鼻の近く
鼻の近くにつけると臭覚が麻痺してしまい、つけすぎの原因になってしまうことがあります。
また紫外線を浴びて肌にダメージを与える成分が含まれるものもあるので注意しましょう。

2つ目は汗を描きやすい場所。主に脇や首ですね。
汗の匂いと混じって効果が薄れてしまうことがあるんです。
香水は匂い消しではないのでこの点もしっかり覚えておきましょう。

⑤香水の性質を知る

香水を使うにはまず、香水の性質をることが大事です。

香水によって香理が続く持続時間や髪についても大丈夫なもの(ヘア・フレグランス・パフューム・オイル)もあります。
自分のお気に入りの香水の性質を知ることでより最適な使い方ができます。

どういった場面で使いたいのか。ここから考えて香水を選ぶのもいいかもしれませんね。

自分にあった香水選びを


出典元:https://stylehaus.jp/
いかがでしたか?
香水は使い方を間違えると台無しになってしまうもの。
しっかりと香水のことを知った上で女を磨いていきましょう!!

【女性向け人気香水ブランドまとめ】インスタに載せたいイケてるおすすめの香水17選!!

2018.12.13